施設掲載者ガイド

シェアビジネスの拡大

シェアリングエコノミーの進展に伴い、シェアリングプラットフォームを提供する事業者や、プラットフォーム への参加者に対して、新たな商品やサービスを提供するビジネスが拡大しています。

シェアリングエコノミーは複数の経路から経済 に効果を与え国内シェアリングエコノミーの市場 規模も拡大傾向にあり、矢野経済研究所が実施した調査では、シェアリングエコノミーの国内市場 規模は、2015年度に約398億円であったものが、 2016年度には約503億円まで拡大しており、 2021年までに約1,071億円まで拡大すると予測されています。(出典:矢野経済研究所「シェアリングエコノミー(共有掲載)市場に関する調査(2018年以降は予測)

  • (億円)

コワーキング・スペースは倍増

オフィス市場で、特に東京では、コワーキング・スペースは2017年以降急激に拡大しています。延べ床面積は、千代田区、港区、渋谷区、中央区、新宿の5区で、2017年末時点で1万6,902㎡(平方メートル)に対し、2018年6月末時点で3万2,624㎡と約2倍に増加。2018年には累計で約6万2,608㎡にまで拡大する見通し、2000年代は個室型のサービス・オフィスが主流だったが、5年前よりコワーキング・スペースが広がり、市場が一変してきている様相がうかがえます。

拠点当たりの平均面積も2018年は急速に増大。コワーキング・スペースの平均面積は、これまで1,000m2程度だったが、ニューヨーク発コワーキングスペース「WeWork」の日本進出を背景に、2,258㎡にまで拡大している。席数も大幅に増加傾向にあり、900-1,900席のレンジで展開されています。

現状では、金融、IT、食品、アパレル、スタートアップ、自治体などのさまざまな業態で、コワーキング・スペースの利用は拡大し続けています。2018年後半以降もよりコミュニティー指向が重要視され、コワーキング・スペースの拡大および需要が継続し、オペレーター企業とオフィスビルオーナーの双方が新規拠点を増加させると予測。東京では今後数年にわたりAグレードオフィスの大量供給を控えており、空室率の上昇が懸念されていることから、利用者獲得がより一層重要になり、利用企業と強固な関係を持つオペレーターが有利と考えられる。また、政府による働き方改革の推進により、東京市場におけるコワーキング・スペースは今後一段と拡大すると分析しています。

「トークン」とういう新しい接客

検索だけではユーザーは来てくれない!

実店舗と同様の接客で差をつける

店舗の案内対応と同様のタイミングで、1秒で挨拶と接客対応で、オフィス案内に適格な案内・選択や利用に迷うユーザーへのアプローチを行います。サイト訪問ユーザーへの居場所を想定し、近くを案内する利用方法をWEB接客で案内、おすすめ施設案内へ誘導しコンバージョン率をアップしています。

会員へアプローチ

 

お試し会員参加率の上々
月額会員への誘導

WEB接客機能

 

時間と場所への適格な案内
不参加、離脱率低下

1DAYオフィス「トークン」

レンタルオフィス・コワーキングスペース専用掲載予約に特化、レンタルオフィス、コワーキングスペースを使っている利用者層に合わせ、会員制オフィス誘導を目的とする1DAYパス(1日利用)層を中心に集客を行っています。

オフィス情報専門

レンタルオフィス・コワーキングスペース専門の予約検索のポータルサイト

ターゲット

オフィス検索ユーザーにもっともシンプルに情報を提供し利用まで誘導

掲載・決済代行

掲載ページ制作から決済まで、施設掲載者様のご希望に沿って集客